角質粒を自分や皮膚科で取る方法のまとめ

高齢になるに連れて悩む人が多いのが角質粒です。

紫外線や加齢などの肌の衰えによるものが原因となっているので、年齢が上がるほど発症をしやすい特徴があります。

そのため、年寄りイボや老人性イボとも呼ばれますが、原因は名前の通り、角質となっています。首や顔は紫外線が浴びやすいので特に発症をする人が多い傾向にあります。

肌の働きの低下によって角質が引っ付いたままとなるので、それがイボ状になってしまうことで出来上がる病気です。

この角質粒は取り方は色々とあります。

  • 皮膚科でレーザーや液体窒素での治療
  • 自宅で薬やクリームを使って取る
  • 皮膚科の処方薬での治療

自宅で自分で取る方法もあれば、皮膚科の薬や手術での治療と様々です。ただ、どれが一番良いなんてことはなく、それぞれの取り方にはメリットやデメリットがあります。

そのため、あなたにあった方法を選ぶようにしましょう。
まずはどの方法で取るかを決め、あとはそれを継続していくことが大事となります。

角質粒を自分で取る方法!価格が安く病院へ行くのが面倒な方向け

角質粒の取り方として利用者も増え、人気があるのがクリームを使ったケアです。

メリットとしては2000円から4000円程度で購入ができるので安い。
他にも自宅で出来るので病院へ行く手間もなく、取れた後のケアも使い続けるだけなので手間がかかりません。

病院での手術で取ったとしても結局はケアが必要となり、処方薬またはクリームを使っていきます。
角質粒はケアが特に重要となってくるのですが、それは再発をすることが非常に多く、根本的な原因の肌の改善をしなければならないからです。

そのため、自宅で取りたいって人、病院へ行くのが面倒な人、価格を安くしたいって人におすすめできるのが、イボ用のクリームを使った方法です。

イボ用クリームを使って角質粒のケア!首イボや顔イボを自宅で治したい

首イボや顔イボと呼ばれる角質粒を自宅で治したいって人で利用者が多いのがクリームでケアすることです。

市販の薬に含まれていることも多い、ヨクイニンエキスが含まれたクリームでイボに効き目があったと評判が良い物があります。しかし、中には評判の悪いのもあったりするので、口コミなどの確認をした方が良いです。

自宅で治したいって人にはおすすめできる方法ですが、きちんと評判などは確認を行ってから使うのを選ぶようにするのがおすすめです。

首イボのクリームを紹介しているサイトはたくさんありますが、「首イボ大辞典」のような実際に使った口コミやそれぞれがどんな人におすすめなのかをきちんと解説しているサイトを参考にするのがおすすめです。

ネットだと実際に使ったのか分からないような口コミサイトも多いので、参考にする時はきちんと使ってる写真も一緒になってるのを参考にするようにしましょう。

首イボ大辞典は価格や各クリームの特徴を比較したものも載っていたので、参考にすることができるはずです。

市販薬や皮膚科の手術で取る方法!時間に余裕があり医師に相談したい人向け

薬局やドラッグストアにてヨクイニン錠やイボコロリ内服錠などの市販薬が販売されています。
また、ヨクイニンエキスの入ったサプリなどもあります。

他には皮膚科でも角質粒の治療が行われています。
ハサミを使って切る方法と液体窒素で取る方法です。

ただ、どちらに関しても痛みと治療後の跡が残ってしまうのがデメリットとしてあります。角質粒の原因となっている肌の改善ではなく、切り取ってしまう方法なので、肌を傷つけることもあり、真皮まで傷がつけば治ることはありません。

その編がネックとなっている部分もあり、自宅でクリームを使っている人や市販薬を使っている人がたくさんいるのではないかと思います。

ただ、皮膚科での治療であれば医師と話しながらなので、安心できるってメリットがあります。
治療後に関しては処方薬またはクリームなどでケアをしていくことになるので、結局はケアに関してはどの方法でも必要となります。

角質粒は再発が多いので予防ケアが必要!自分でも病院でも取り方に変わりはない

角質粒の原因はウイルス感染によるものではなく、肌の衰えとなっています。
そのため、肌の改善をしなければ再発をしてしまうことも多く、取れた後のケアの方が大事となっています。

取るだけであれば痛みや跡が残るリスクもありますが、病院へ行けば即効性があります。
ただ、再発をしてまた痛いのが嫌だなんて口コミを見かけることもありますが、そこからも予防がいかに大事かが分かるはずです。

加齢による肌の衰えは完全に防ぐことはできませんし、紫外線ダメージは肌に負担を何年もかけ、蓄積されています。
そのため、再発が非常に多いことで知られるのが角質粒なのですね。

足に感染をすることの多いウイルス性イボとは原因は全くことなるのですが、首や顔にできる老人性イボも再発がしやすい点では同じとなっています。

ケアで必要なことはヨクイニンと保湿!ターンオーバーの促進が大事

ケアで必要なのは原因の解消となります。
そのため、角質を排出するターンオーバーを促進させ、肌へのダメージも防ぐ為に保湿でバリア機能が働くようにしていきます。

自分で取る方法で知られるクリームも市販薬でもこれが目的となっています。
そのため、クリームや薬に関しては取れた跡もそのまま使い続ければ問題がありません。

人にもよって症状は違うので何とも言えないですし、明確な基準はありませんが、個人的には取れた後も3か月ぐらいは使い続けるのがおすすめです。
クリームであればそのまま日頃の化粧品として愛用を続けるのも良いと思います。

何度も角質粒ができて取ってを繰り返していると跡が増えてしまうなどもあります。
くれぐれもケアは怠らずに、早めに治療をして取るようにしましょう。

角質粒のおすすめの取り方!安い・自宅・副作用なしを求める人はクリーム

首の角質粒を取るする方法としては選択肢は非常に多いです。

病院でレーザーや液体窒素を使う方法もあります。
自宅で薬やクリームを使った治療方法もあります。
美容外科で炭酸ガスを使う方法もあります。

しかし、それぞれにメリットやデメリットがあって、一概にどれが一番良いなんてことはありません。
ただ、個人的におすすめな治療方法だなってのはあります。

理由としては安いですし、自宅で治療ができるので手間がかかりません。
何より沢山の人が効果を感じているので、まずこれだなって治療方法となります。

ここではおすすめの首の角質粒を取るする方法については紹介をしていこうと思います。
アクロコルドンやスキンタッグが首に沢山できて困っている人に読んで頂ければと思います。

首や顔の角質粒を取る安くておすすめの方法!

結論からするとおすすめの角質粒を取るする方法はヨクイニンが配合された首の角質粒クリームを使った方法です。

メリットとしては2000円から4000円程度で購入ができます。

そのため、ヨクイニン錠やイボコロリなどと比べると1ヶ月の費用が安く抑えることができます。
2000円から4000円安いのですね。

病院への通院も必要としないので、自宅でお手軽な取る方法ともいえます。

休日を無駄にすることもないですし、病院の待ち時間も必用ありません。
そのため、手間がかからない取る方法です。

最後の理由としては効果を感じている人が多いことです。
人気の角質粒のクリームとなると20万個以上が販売されているのまであります。

長い間売れ続けていて、口コミでも評判が高いのですね。
そのため、首の角質粒を取るする方法としておすすめはクリームを使うことです。

角質粒のクリームを使って取るデメリット!薬局で販売していない

首の角質粒クリームは薬局で販売していないデメリットもある
デメリットと捕らえるかメリットと捕らえるかは人次第ではありますが、少なからずあります。

首の角質粒用のクリームはほとんど薬局やドラッグストアで販売がされていないです。
そのため、購入をするなら通販を利用する必用がでてきます。

通販であれば日本全国のどこでも購入ができて、自宅に届くので楽って人は多いです。
しかし、選択肢として店頭が外れてしまうのでデメリットではあると思います。

ほとんどの通販に関しては代金引換え便が使えるようになっています。
商品が自宅に届いたときに商品代金を支払う方法となります。

今までに通販の経験がなかったり、クレジットカードを入力するのに抵抗があるって人は代金引換え便の利用がおすすめとなります。

角質粒のクリームの種類は豊富!評判や口コミで選ぶ

首の角質粒クリームといっても色々な種類が販売されています。
しかし、口コミを見る限り評判の悪いのも多いです。

高い化粧品でも効果がないと評判の悪いのもあります。
高ければ良いってのは間違いなので注意をしましょう。

できるだけ価格も安く評判も良いクリームを選ぶのがおすすめとなります。
私が使用をしたことがあるクリームも2000円程度で販売されていたものでした。

評判とかは先ほど紹介したサイトで色々なクリームを使ったりして、口コミを掲載しているサイトを参考にすると良いかと思います。

クリームは角質粒を取りたいこんな人におすすめ

クリームを使って取る方法にはメリットもありますが、デメリットもあります。
下記にあてはまる人であればおすすめの取り方となっています。

  • 価格が安い方が良い
  • 病院へ行くのが面倒
  • 薬の副作用がちょっと心配
  • 自分で取りたい

自分で取りたいとハサミで切る人もいますが、それは間違いです。病院の医者が行う治療とは別物となります。

肌を気づ付けて一生の傷跡になることもありますし、激痛に悩まされることもあります。
そのため、自分で取る方法として現実的なのはクリームか薬を使った方法となります。

特に最近では様々な角質粒や老人性イボ用としてポツポツに効くのような表現で販売がされています。

角質粒を市販薬で取る!塗り薬と飲み薬のどちらを利用すると良い?

角質粒を自宅で治療する方法として薬を使った方法です。

一言で薬といっても飲み薬もあれば塗り薬もあります。
そのため、どちらを利用した方が効き目があるのか気になることでしょう。

必ずしもどちらの薬を使った方が効き目があるようなことはありません。
それぞれに特徴もあり、販売しているお店も異なってきます。

人によって使うべきものは異なってくるのですね。
飲み薬か塗り薬か迷っている人にそれぞれのデメリットを紹介致します。

どちらの薬を使用するかはこの記事を参考にして決めると良いはずです。

飲み薬の特徴は全身の改善!メリットとデメリットを解説!

飲み薬のメリットとしてはからだの全体の肌を改善することができる点です。

角質粒は首にできることが非常に多いですが、顔や腕にも発症をします。
そのため、同時に発症をした人であればひとつで全ての箇所を治すことができます。

また、薬局で市販されていることが上げられます。
ただ、デメリットもあります。

からだの内側に肌を改善させるために成分を浸透をさせるので、
一部分を改善することはできません。
塗り薬のように角質粒に直接塗ることができないのですね。

塗り薬の特徴は部分的なケア!メリットとデメリットを解説

塗り薬のメリットとしては角質粒に塗ることができます。
そのため、塗ったエリアの部分の改善を直接行うことができます。

ただ、デメリットとしてはほとんど市販がされていないことです。
ドラッグストアで塗り薬が置いてあるのは見かけたことが無いです。
皮膚科へ行けば軟膏が処方されることはあります。

手術をした後に予防するためにも手術後にはケアが必要となります。
その際に塗り薬である軟膏が処方されることもあります。

塗り薬はないので角質粒用のヨクイニンクリームを使う

塗るタイプの薬ではありませんが、首イボ用のクリームが市販されています。
それがヨクイニンクリームです。

ヨクイニンが配合された化粧品で角質粒用に作られています。
イボを柔らかくし、肌機能を高めることができます。

角質粒の原因となっている角質が肌に残るのを改善することができるのですね。
また、イボをポロリと肌力を高めることで落とすことができます。

薬ではないですが、塗るタイプを利用したいって人に人気となってる方法です。
人気なのであれば艶つや習慣や杏仁オイルなどがあげられます。

どちらの薬がおすすめかは角質粒の部位によって違う!全身なのか顔や首だけか

塗るのか飲むのかの判断はからだの部位で決めるのがおすすめです。

顔や首に部分的にイボができているのであれば塗るタイプを利用する。
からだの色々な箇所に発症をしているのなら飲み薬を利用する。

以上のようにイボが発症している箇所によって決めるのがおすすめです。
塗るタイプだと首だけでなく他の部位にもあったりすると全体をカバーできないこともあります。

そのため、2つ必用になることもあります。

あなたの角質粒がどの範囲にあるのかによって、使うべき薬や取り方は決めるようにしましょう。
角質粒のクリームは安いですが、飲み薬と塗り薬に値段はあまり違いはありません。

角質粒をハサミで自分で切るのは危険!皮膚科での手術や薬を使う

首や顔の角質の集まりである角質粒ですが、自分で切るのは危ないです。
皮膚科でハサミで切る手術は行われます。

しかし、あくまで医者が行う手術で行っているので安全ってだけです。

首のイボは角質が集まってできた角質粒だからといって安易に取るのは止めたほうが良いです。

痛みを感じることもあります。
傷跡が残ることもあります。

特に角質層の奥にある真皮と呼ばれる皮膚細胞を傷つけると、傷跡が消えることはありません。
イボを取ることはできても真皮を自然治癒することはできないので注意をしましょう。

角質粒の特徴は小さい!少し盛り上がた老人性イボ

首の角質粒としては3種類あります。
特に角質粒と間違えやすいのがアクロコルドンです。

角質粒はサイズは小さいのですが、肌から少し盛り上がっています。
見た目はピロッと少しイボが垂れ下がっているのが特徴です。

間違えやすいアクロコルドンに関しては盛り上がっていないので、間違えないようにしましょう。

首の角質粒はアクロコルドンや角質粒など呼び方は色々とあります。
ただ、原因もケアの方法も同じとなります。
そのため、同じ治療方法を行うことができます。

角質粒を治療するなら切るか凍らせる!皮膚科での手術について

角質粒の治療として、皮膚科ではハサミで切るか液体窒素で凍らせる方法が行われます。

切除するのは駄目なのでは?

医者が切るのと自分で切るのでは話は変わってきます。
医療の専門的知識を持っている医師であれば安心して任せることができます。

ただ、たとえ医者でも傷跡として残る可能性が完全に無くなる訳ではありません。
角質と皮膚の接合部分を適切に肉眼で判断をすることは無理です。

切りすぎてしまえば傷跡が残りますし、足りなければ取ることができません。
そのため、傷跡が残ることもありますが、自分で行うのよりはるかに安全です。

自分で取るのなら薬を使う!市販された薬やスキンケアのクリーム

角質粒を自分で切る治療に関しては危険ですが、自宅で行う方法はあります。
それが薬やスキンケアをする取り方です。

薬局へ行けば『イボコロリ』の錠剤が販売されています。
この錠剤タイプにはヨクイニンが配合されており、首のイボ用の薬品です。

ただ、薬を使うのであればひとつ注意があります。
間違っても液体状のイボコロリは使わないようにしましょう。

液体タイプはウイルス性イボの治療薬で皮膚の細胞を死滅させます。
そのため、首には使用禁止となっているので絶対にやめましょう。

自分で切るデメリット!跡が残り痛みが最大の難点

角質粒を自分でハサミや爪切りなどを使って切るデメリットが跡と痛みです。
切りすぎても駄目ですし、少なくても意味がありません。

しかし、自分で切ろうと思うとこの判断は難しいですし、医師の治療とは違い綺麗に切ることができません。
そのため、切りすぎて一生消えない跡が残る人もいますし、痛みを感じることもあります。

医者が行う治療を見様見まねで行うのは絶対にダメなのですね。
だからこそ医師の資格もありますし、医者以外が治療を行ってはいけないことになっているのです。

また、たとえ取れたとしても肌の改善はしていないので、薬やクリームを使ってケアが必要です。
それを怠れば再発をしてしまい、また角質粒がぽつぽつとあらわれます。

結局は切ることで問題を解決することにはならないのですね。

首や顔の角質粒にヨクイニンの効果!ヨクイニン薬やクリームで取れる?

首イボや顔イボと呼ばれる角質粒に効果のある成分として知られるのがヨクイニンです。

ヨクイニンとは稲科の植物で別名「ハトムギ」や「シコクムギ」と呼ばれる植物の種となります。漢方薬に含まれていることも多く、角質粒の治療をする薬や化粧品には大抵含まれています。

イボ取りの効果や利尿作用、からだに溜まった毒素や膿を体外へ排出させる効果があります。老人性いぼだけでなくニキビ用化粧品にも配合がされており、からだの中の水や血液の流れを良くする効果があるので肌のケアに効果的な成分となります。

角質が固まったことによってできる老人性いぼの治療で皮膚科で処方する薬と言えばヨクイニンです。薬局やドラッグストアでもヨクイニンが配合された薬が販売されており、有名なものでヨクイニン錠と呼ばれるものがあります。

また、ウイルス性イボの治療薬として有名な「イボコロリ」の老人性いぼに使えるタイプである「イボコロリ内服薬」にもヨクイニンは配合されています。

これらのことから分かるように老人性いぼには非常に効果的な成分であり、かかせないものとなります。

ヨクイニンエキスの錠剤を飲んでも角質粒や首イボに効果がでない人の特徴

首いぼの治療薬として薬局やドラッグストアでヨクイニン錠やイボコロリ内服薬を用いる人もいますが、効果を期待して購入すると後悔することになる人は多いです。

効果がでるには時間がかかるのですぐに老人性いぼを改善することができると思っていると失敗してしまうのですね。

ヨクイニンは非常に効果的な成分ではあるのですが、摂取したからといってからだの中の改善がすぐにされる訳ではないのですね。タバコをやめたからといって肺がすぐにきれいにならないように体内から改善するには時間がかかるのです。

そのため、効果がでないとすぐに使用を止めてしまう人も多いです。老人性いぼをからだの内側から改善することで治療をしようと考えているのであれば時間がかかることは把握しておいた方がいいです。

早い効果を期待するならクリームやジェル

角質が溜まってできたことによる、老人性いぼにつけるために開発がされた化粧品でクリームやジェルのものが販売されています。老人性いぼにつけるために作られた化粧品に関してはヨクイニンも当然のことながら配合がされています。

ヨクイニン錠とは違いからだの中から改善するのではなく、直接、肌につけて皮膚に浸透させることによって、イボの箇所を直接ケアを行うことができます。

また、効果を促進させるために保湿成分であったり、様々な成分がヨクイニンと一緒に配合がされています。

効果を早い段階で改善されていることが多く、口コミなどを見ても分かるようにポロポロと取れてくれるので気持ちいいなどとしっかりと効果を実感できている人が多い評判の人気のクリームなどもあります。

また、クリームやジェル以外にも皮膚科で医者がハサミで切り取ってしまう手術やレーザーで焼ききってしまう手術などもあります。痛みが伴ったり通院する手間がかかるものの効果が現れるのは非常に早いです。

ヨクイニンエキス配合のイボ用化粧品や薬について

ヨクイニンエキスは多くの化粧品や薬に配合がされています。

イボに効く成分として知られている為、どれもポツポツケア用となっていることが多いです。
有名な薬であれば薬局で販売がされている「イボコロリ内服錠」です。

薬に含まれている成分はヨクイニンエキスと添加物のみとなっています。
また、病院での処方薬でも同様に配合がされている成分でもあります。

その他にもイボ取りクリームなんて呼ばれ方をしている化粧品にも含まれていることが多い成分です。

首イボや顔イボなど角質が原因となっている角質粒のケアをしたいのであれば、ヨクイニンエキスが含まれたものを利用するようにしましょう。